読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

幸せになるたった一つの方法

生活 少林寺拳法

*幸せになる方法

昔、少林寺拳法のお師匠様から、

幸せになる方法として

「人の悪口を言わないこと」

と言われました。

 

「マナーとか品性の問題ではないんだ」

と先生は言います。

「自分が幸せになるために必要な事なんだ」

分かったような分からないような説明です。

 

*言葉の影響力

「例えば、『言霊』という言葉がある。

 言葉は人に影響を与える力を持っている」

 

>本当ですかね?

 

「人が、わずか数千年でここまでの文化を築き上げた

 原動力は言葉だ。だから言葉は強力な力を持っている

 

>オカルトチックですね。

 

「現実に、人は言葉で笑い、怒り、泣く。

 言葉が人の命を救うこともあれば、命を奪うこともある。

 言葉が人に強い影響を与えることは、歴史が証明している」

 

>まあそうですね。

 

「オカルトを抜きにしても、交渉術、心理学、コーチング、

 マスコミの影響力、その源泉はみんな言葉だ。

 その影響力の正体がわからなくても、

 現実に影響を与えているならば、無視することはできない

 

>なるほど。

 

*言葉の力は使った方にも及ぶ 

「悪口は言葉の影響力の悪用なんだ」

 

>聞くと嫌な気分になりますもんね。

 

「でも、その影響力は自分自身にも跳ね返ってくる。

 例えば、悪口を言うことでスカッとしたので

 人の悪口を繰り返す人がいたとしよう」

 

>ふむ。

 

「悪口ばかり言う人と好んで付き合おうと言う人はいない。

 例え他の人の悪口でも、聞かされる方は嫌気持ちになる

 そうすると、その人はその状況を嫌ってまた悪口を言うだろう。

 そして最終的に孤立していく」

 

そうこともあるかもしれません。

 

「今の話はかなり単純化しているけれど、

 結局、悪口の副作用は目に見えず間接的だが、

 その代わり広く深く浸透して、自分に跳ね返ってくる。

 そんなものの影響を受けて幸せになれるはずがない。

 だから、悪口を言うなということなんだ」

 

*だから自分は悪口を、なるべく、言わない

本当はもっと長い話でしたが、かなり端折って書いています。

それ以来、人の悪口は、なるべく、言わないようにしています。

(人間なので、まあ、たまには、ね)

 

ではでは。