読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

Excelと作業効率とマクロ

*元プログラマー

ヘボでしたが、元プログラマーです。

一応20年近くやってましたが、双極性障害とか何やらで

物を作る能力がかなり落ちました。

 

Excelのマクロ

入社して最初に触ったのがVisualBasicという

プログラミング言語だったおかげで、

今でもExcelのマクロを作ることができます。

 

Excelと業務

今の会社は、中小企業にありがちな

「かなりの業務やデータを、Excelに依存している」

会社です。

なので、下手にC#Javaなどを使うよりも、

Excelマクロを組んだ方が、効率的にツールが作れますし、

使う人も使いやすいです。 

*どれくらい作業効率が上がるの?

作ったツールの作効果は、それなりに検証しています。

(でないと、自分自身が向上しませんから)

自分が作ったツールの中に、日々の作業日報を集計して

月単位の生産量や不良率を算出するものがあります。

 

これ、どれくらい効果があったと思います?

 

 

手動でやると半日作業でしたが、

ツール化して5秒でできるようになりました。

スピードにして約3,000倍です。

 

*マクロはテンプレートと同じ

前に、作業改善の為に「テンプレート仕事術」という本を紹介しました。


マクロを使えば、ミスも減らせて作業効率も改善します。

まさにテンプレートが目指すものと同じです。

*目指すもの

個々の作業の短縮化だけでなく、

業務間の連携までツール化していくと

会社全体としての作業は、飛躍的に効率化できます。

 

そこまで行けば、「ツール」ではなく「システム」

呼ぶべきでしょう。

今の自分の目標は、そういうシステムを組むことです。