読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

夏と夜逃げ

*夜逃げしたことあります

 

ガチで。

 

*なんでそんなことしたの?

実家が自営業をやっていたのですが、

元々苦しい経営状態だったときに

夏枯れの時期で資金繰りが回らなくなり

潰れました

 

当時実家にいた自分は、そのあおりで

一緒に夜逃げです。

 

#とは言っても、自分自身は別の職についていたので、

#夜逃げ先の母方の実家から普通に通勤してました。

 

*どんな気分で夜逃げの準備をしていたのか?

当時父親から相談を受け、弁護士にも相談し

他に手がないと判断して、相談を受けてから

1週間で倒産することを決断しました。

 

会社の倒産の宣言はそれから更に2週間後だったので、

それまでに夜逃げの準備期間は十分ありました。

 

その準備期間、ぶっちゃけて言うと、

 

結構楽しかったです。

 

従業員や取引先にバレないように逃げ出す準備を

するわけなので、ある意味ゲーム感覚です。

自宅が会社に隣接しているため、従業員が全員返った後に、

こっそり荷物を避難先に少しづつ移動させるスリルが

堪りませんでした。

 

 

思い出あふれる家を失くすことに目をつぶれば

ですが。

 

*成功したの?

「夜逃げ」なんて煽っておいて何ですが、

実際は、昼間に従業員を集めて倒産を宣言し、

玄関に

『倒産したんで、以降の連絡は弁護士にしてね』

という張り紙を貼って、

会社の備品を債権者に勝手に持っていかれないように

厳重に戸締りしてから、退避場所へ移動しました。

 

倒産を宣言する日までは、倒産することがバレないように

しなくちゃいけなので、こっそり動いていましたが、

倒産を宣言したらそんなことを気にする必要がないので

堂々としたもんです。

 

どれくらい堂々としていたかと言えば

近くの派出所

「倒産してここからいなくなるけど、

 債権者が勝手に備品とか持ってかないように

 注意をお願いします」

とお願いしてくるくらい、堂々としてました。

(これは弁護士さんの指示です)

 

*結局何が残った?

この倒産騒ぎで神経をすり減らしたところに

仕事の部署替えによるストレスが重なって

双極性障害を発症したことを除けば

まずは円満な状態かもしれません。

 

ちょっとぶっちゃけてみたくなったので、

特にオチはありません。