読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

資格って役に立つのか?

IT 転職

*資格が役に立つのか?

IT系に居たときは、割とホットな話題でした。

 

不要論の人は

「あいつは、資格は一杯持ってるのに、実務はからっきしだ」

「資格は仕事上の実力を反映しない」

と言います。

 

必要論の人は

「第三者に実力を保証する保証書代わりだ」

「実務は狭い範囲でしか知識を持てないから、

 資格の勉強で広く知識を得る必要がある」

と言います。

 

どちらも「ごもっとも」です。

 

*転職したときに役に立ったのか?

一応、IT系の嗜みとして情報処理試験

基本、応用、セキュリティは持ってます。

 それ以外にも細かいのがいくつか。

 

実際のところ、IT系から製造業への転職でしたので、

ほとんどの資格は意味がなくなりました。

 

でも、資格を取る為に勉強したことは、

IT系にいたときよりも役に立っていることがあります。

 

IT系に居た時は、主に制御系のプログラムを担当していたので、

実際のところネットワークインフラについては、

実務経験がありませんでした。

 

しかし、今の会社に来て、サーバーやネットワークを

担当することになったときは情報処理試験で勉強した

知識に助けられ、何とか作業が出来ています。

 

*自分を成長させるきっかけ

資格の取得は、資格自体の価値も重要なのですが、

資格を取る過程で勉強した知識なり経験が、

自分を助けてくれます。

 

自分の価値を高め、会社で生き残っていくには

自分への投資として資格取得は必須だと思います。

 

ではでは。