読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

祖母が亡くなった

*急逝

先週の金曜日に、祖母が90歳で亡くなりました。

世間的には大往生という感じになるかもしれませんが、

前の日まで元気にだったのに、朝になって息をしていないというのは

遺族としてはなかなか受け入れがたい状況です。

 

*喪失感と孤独感

自分も40代の半ばですので、父親も含めていろいろな人を見送りました。

祖母を失くして、今感じている感情は喪失感とともに

孤独感も感じています。

 

親しい人を失くした喪失感は当然だと思うのですが、

自分に近い人が少しづつ減っていくことを、改めて実感しました。

これが孤独感に繋がっています。

 

*一人ということ

後十年もすれば、おそらく自分よりも年上の親戚は

みんな亡くなるでしょう。

そのときに双極性障害で悩んでいる自分は

年上の人間として振る舞えるのか?

病気のことを相談できる人間を失くして、

一人で病気と闘っていけるのか?

 

祖母の死は、自分に重い問いかけを残して行きました。

 

ではでは。