読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

祖母の死から学んだ2つのこと

*祖母の死から学んだこと

前の記事で、祖母が亡くなったことを書きましたが、

そこから学んだことを書いてみます。

 

*自分には時間が残っていない

祖母が亡くなって親族が集まった時に、

昔自分が頼りにしていた伯父や伯母が

老人になっていることに改めて気が付きました。

 

もちろん、今までもたびたび会っていて

「年食ったなー」

と感じてましたし、祖母が亡くなった直後で

みんな気落ちしているのも影響していたと思います。

 

しかし、自分だって同じように年齢を重ねていて、

自分が年下の親族から同じ感想を持たれるまで

ほんの10年ほどしかありません。

 

そう考えると、自分に残された時間はほとんどないのです。

当たり前のことなのですが、その事実を

「知っている」のと「わかっている」のでは

大きな違いがありました。

 

*すぐにやらないと取り返しがつかない

祖母のお見舞いにこれまで全然行ってませんでした。

これは都合が合わなかったこと、

一人だとなかなか気恥ずかしくて行けなかったこと、

何よりも

「次の機会があるさ」

という後回しにする性格の為でした。

 

 

「次の機会」なんてありませんでした。

 

子供の頃と違って、「次の機会」は年々減っています。

今日の出会いが根性の別れになることも珍しくありません。

今をどれくらい一生懸命に生きなくてはいけないのか、

身にしみた気がします。

 

ではでは。