読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

疲れ目と対策と効果

*疲れ目との闘い

プログラマーの職業病の一つに疲れ目があります。
1日パソコンの画面を睨みつけてプログラムを書くので、
疲れて当たり前です。
 
その上、Webを見たり勉強の為に本を読んだりと
目の酷使が激しいです。
 

*あちこちに影響

目の疲れは、単に疲れるだけでは済みません。
肩こり、頭痛、立ちくらみなど、色々な症状が出てきます。
 
一つ一つは大したことないのですが、
まとめて症状が出ると結構シャレになりません。
生活にも影響してきます。
 

*今までにやってきたこと

そんな状況で、自分が取ってきた対策が以下の通りです。
  1. マッサージ
  2. 目薬
  3. 蒸しタオル
  4. 美顔マッサージャー

 *マッサージ

一番お手軽なのが目のマッサージです。
眼精疲労は、目のピントを合わせる筋肉の疲労が大きいので、
この筋肉をマッサージしてすると疲労が軽減します。
 
眼球を瞼の上からマッサージするのも効果がありますが、
自分の場合は、眼球を動かす周囲の筋肉の凝りの方が
大きく感じます。
 
具体的には、鼻の淵やこめかみ、額などです。
このあたりは、筋肉の張りをはっきりと感じます。
強すぎず、弱すぎず、丁寧にほぐしていきます。
 

*目薬

最初にお世話になったのは大学生の頃ですから、
もう20年のアイドラッグジャンキーです(笑)。
 
昔は安さが一番だったのですが、年齢による衰えから
少しお値段の高いものにシフトしています。
最近使っているのはこちら。 
【第3類医薬品】ロートゴールド40 20mL

【第3類医薬品】ロートゴールド40 20mL

 

 

以前は刺激の強いものを求めていましたが、
最近は目に浸透しつつも、優しく効いてくるものの方がよいですね。
そういう意味で、これは気にいってます。
 

*蒸しタオル

眼精疲労からの回復に、目の血行を良くする方法があります。
その一番簡単な方法が蒸しタオルです。
 
蒸しタオルのメリットは、コストの良さでしょう。
自分の場合は、ビニールに濡れたタオルを入れて
そのままレンジでチンして使っていました。
 
蒸しタオルを顔に当てると、
目の周りの血行が良くなると同時に、
蒸した水蒸気で目の周りの保湿が保たれます。
 
デメリットはすぐに温度が冷めてしまう点ですね。
何とかならんものかと、
レンジで温める時間を長くしてみましたが、
顔に乗せた途端、
余りの熱さで奇声をあげてのたうち回ってしまいました。
 
今は、風呂の中で湯船に浸したタオルを顔に乗せています。
お風呂とのダブル効果でかなりリラックスできます。
 
*美顔マッサージャー
自分が買ったのはこれです。 
美顔にはあまり興味はありませんが、
バイブレータによるマッサージ機能と、スチームによる
血行促進効果で眼精疲労がかなり軽減されます。
ビバ パナソニック
 
バッテリーチャージ式で、メンテナンスもほとんどいらず、
自分のような無精者にはピッタリの眼精疲労対策アイテムです。
 
目をマッサージしながらスチームで血行を良くするので、
15分のマッサージが終わると、明らかに目元まわりの筋肉の
凝りがほぐれているのがわかります。
 
これを買ったのは4年前ですが、ほとんど毎日使っています。
そろそろマッサージ機能がヘタッて来た感じがありますが、
まだまだ現役ですね。
 
実は食べ物系にも手を出したのですが、
こちらは効果がはっきりしません。
(少なくとも悪くはなっていないと思うのですが…)
 
また新しい眼精疲労対策が見つかったら紹介します。