セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

資料作りに唸る日々

*生産管理システムが離陸間近

いよいようちの会社の生産管理システムの更新も本格化してきました。

先日業者を決定して、現時点での最終見積もりまで貰ってます。

社長からもGOサインは出てます。

 

唯一の問題は『金』です。

 

*親会社に迫る決断

いや、社長には見積もり見せて納得してもらってんですよ?

問題は、うちの会社はある金額を越えると

親会社の決裁が必要になるのですが、

今回のシステムはその金額を越えちゃったんですよ。

 

そうなると、親会社の社長に説明資料を作ってプレゼンして、

ご納得を頂かないと決裁して貰えない。

その資料作りが自分に回ってきたわけです。

面倒臭い上にプレッシャーがかかります。

 

*納得してもらえる資料になるか?

プレゼン資料が難しいのは、自分が納得する内容でなくて

聞いてもらう人(今回の場合は親会社の社長)が納得する内容を

作らなくちゃいかんわけです。

 

そうすると、自分の思いだけで資料を作ってもダメで、

聞いてもらう人がプレゼンを見て

「うん、その通りだ。確かにここに投資すべきだ!」

と決断できる内容でなくてはいけません。

 

でも社長じゃない自分では、そこのポイントがわかりません。

どうするか?

 

*そりゃあ、社長に聞くしかないでしょ?

わからないことは、わかっている人に聞くのが一番早いです。

だから、うちの会社の社長に聞きに行きました。

 

しかし

「何にもわからないので教えてください!!」

と言っても怒られるだけです。

そこで、ダミーのプレゼン資料を作りました。

ダミーと言っても、必要な内容はきちんと揃えたものです。

ただ、「社長ならどこを見るか?」という観点がないだけ。

 

これを持って、うちの社長に確認しに行きました。

ダミーの資料なのでダメ出しを食らっても平気です。

この資料の目的は、「社長ならどこを見るか?」という情報を

引き出すための撒き餌なので、そのまま通れば良し、

通らなくても目的の情報は引き出せるので、

どうあっても自分には損はありません。

 

*鋭意資料作成中

確認してきましたよ、観点。

一応ポイントは押さえているとのことで、

後はシステムの切り替え前後の違いと、

更新の効果を数字で説明できるようにしてくれとのことでした。

 

この手の情報システムは、形のない情報を取り使うために

効果を数字化するのが結構厄介です。

だから、なかなか難しい注文ではあるのですが、

やることがはっきりしている分、気持ち的には楽ですね。

そういうわけで、今週末のプレゼンに向けて鋭意資料作成中です。

 

ではでは。

 

 

 

 

自分が「なるほど」と思った、お酒を翌日に残さない飲み方

*非常に効果的な飲み方

以前に読んだ本に書いてあった方法です。

比較的実践も簡単で、試してみると確かに効果がありました。

それは、

 

『まず、飲むお酒と同じ量の水を飲んでから、お酒を飲む』

です。

お笑いになるかもしれませんが、アルコールの分解に必要な水分を補給してから

アルコールを飲むので、次の日にお酒が残ることはありません。

 

そもそも、水をジョッキで丸々一杯飲んだ後だと、

胃がタプタプになって、「酒を飲み過ぎる」ということが

物理的に出来なくなります。

 

ついつい飲み過ぎてしまうと言う人は、是非お試しください。

 

ではでは。

考え過ぎなのか、その通りなのか?

*絶賛引き継ぎ中

同じ部署の方が産休に入るために、

担当している作業の引き継ぎを受けています。

今年は生産管理システムの更新が控えているため、

自分がこの作業をどこまで担当するのかわかりませんが、

その方針がはっきりするまでは自分が受け持つことになります。

 

*内容が複雑

その作業は、とある事情で生産管理ステムに統合できない取引先があり、

受発注に在庫管理など、生産管理を丸々やることになります。

欠品を防ぐためには、広く細やかな配慮が必要であり、

自分が苦手とする作業のやり方が求められます。

 

*微妙に当たりがキツい

自分の気のせいかもしれないのですが、出来ていなかったときや

一度説明を受けているところなのに忘れてしまったときの

対応がちょっとキツい感じで、はっきり態度に違いが出ます。

 

単純にはっきりと物を言う人なので、

特に含みがあるとは思えません。

しかし、自分は割とそう言うのを気にするタイプなのと、

ここ最近のメンタルの不調が重なって、

地味にダメージが溜まってきています。

 

ついつい心の中で

『あれは、無能な自分に対する当てつけだ…』

と鬱気味の自分が囁きかけてくるのに、

どう対抗すればいいのか悩む毎日が続いています。

 

ではでは。

 

今さらながら見た「柳生一族の陰謀」が超絶おもしろい!!

Amazon プライムでたまたま見つけた

柳生一族の陰謀

 

柳生一族の陰謀

柳生一族の陰謀

 

 

1978年と、割と古い映画です。

徳川2代将軍秀忠亡き後に、3代将軍の継承をめぐって

長男の家光と弟の忠長のそれぞれの陣営同士で陰謀と裏切りが交叉する時代劇です。

 

*とにかく役者が豪華

今の若い人だとピンとこないかもしれませんが、

柳生宗矩役の萬屋錦之介を始め、柳生十兵衛千葉真一、家光に松方弘樹

忠長に西郷輝彦尾張大納言義直に三船敏郎と超豪華俳優陣です。

キャスト見た時は、よくこれだけ集めたなーと感心しました。

 

#とは言っても、自分から見てもちょっと世代が上なので、

#自分も何となく凄いなーくらいにしかわかりませんが。

 

実際、wikiで見てみると、しばらく時代劇を作っていなかった東映

久しぶりに復活させたということで、相当に気合いが入っていたようです。

 

*とにかく、演技が凄い

私、割と集中力が続かない方なので、関心のないシーンは

さっさと早送りしてしまうのですが、この映画は殆どそれがありませんでした。

それは、セリフの一つ一つに載っているエネルギーの量がものすごくて、

一時も目が離せないからです。

 

押し隠した野心を垣間見せる宗矩、飄々とした明るい性格なのに、

続く闘いと家族や仲間の死で次第に心に澱みが蓄積していく十兵衛、

将軍と言う座の魔力に囚われて、少しづつ狂気に蝕まれていく家光と忠長。

特に、公開時にも話題になったという、ラストシーンの宗矩の狂気の

独演は、身震いするほどのものでした。

 

*セットの奥行き感が半端ない

最近のドラマや映画は、絵に奥行を感じません。

例えば大きい建物のシーンがあると

『大きな建物なんだなー』

というのは頭では分かるのですが、

なんか薄っぺらい遠近感のない絵のようなものが多いです。

 

この映画は、時代劇復活の願いもこねて相当な制作費をかけたとのことで

1つ1つのシーンの距離感とでもいうものがとても大きいです。

上の例で言うなら、

直観的に『広っ!』とびっくりする感覚があります。

 

*そして、衝撃のラスト。

古い映画で、その衝撃のラストは割と有名です。

(『猿の惑星』なんかと同じですね)

ここではネタばれはしませんが、最後の5分は思わず

「あっ!」

と声が出てしまいました。

単純な「予想を裏切る」展開だけではなく、ここまでの話の積み重ねの上で

出てくる衝撃ですので、これは是非とも作品を見てみてください。

 

*もっと早くに見ておけばよかった…

時代劇映画の特集があると、この映画の名前は必ず出てきます。

なので、昔からこの映画の存在は知っていたのですが、

昔の名作映画って、何となく避けているところがあったので、

今まで中々見てませんでした。

実際、この作品もAmazonプライムでにあることは去年から

知っていたのですが、今年になるまで見てませんでした。

 

見てみてから、もっと早くに見ておけばよかったと、

ちょっと後悔しています。

 

ではでは。

 

何とか乗り切った2週間

鬱状態で動けなくなる寸前だった

ここ2週間ほど、鬱期に入っていました。

「頭が重い」、「体ふらつく」、「気分が落ち込む」

など典型的な症状です。

典型的すぎて、

「実は双極性障害じゃなくて、普通に風邪とかの病気なんじゃね?」

と疑ってしまうくらいでした。

 

*休まずに働いたわけ

明らかにペースは落ちていましたし、効率も低い感じでしたが、

仕事しないわけにはいきません。

 社畜と笑うなかれ。

これは、「貯金」です。

もっと体調が悪くなったときに休むための、信用の「貯金」だと考えてください。

 

*傍目にはどう見えていたんだろう

期限が切られている急ぎの作業と、
ごく簡単な作業だけやっていたので、
傍目には「今週は元気が無いかな?」くらいにしか
見られていなかったのではないでしょうか?
(そう思いたい)

 

*来週は復活したい

出張とか詰まっているんで、週末はしっかりと体調を

回復させたいです。できるかな?

 

ではでは。