読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

齢70からのパソコン教室-2

*何を教えればいいのか?

前回からの続きで、パソコンに興味をもった母親への

パソコン教室です。

 

母親が習いたいのは、

「一人でインターネットの見たいHPを見ること」

というシンプルな内容でした。

 

本当に何も分からない状態だと教えるのも大変ですが、

幸い、マウスの操作方法(クリックとかダブルクリックとか)などは

分かっていました。

従って、教えなくてはいけないのは

 1)パソコンの電源の入れ方

 2)ブラウザの起動方法

 3)URLが分かっている場合は、URLの入力方法

 4)URLが分からない場合は、目的のHPの探し方(検索方法)

 5)ブラウザの終了方法

 6)パソコンの電源の落とし方(あるいはスリープのさせ方)

の6点です。

*扱いやすい生徒

習い事で一番扱いづらい生徒はどんな人かご存知でしょうか?

それは中途半端に物を知っている中高年の人だそうです。

中高年の人は、それなりに人生経験を積んでいてプライドが高いです。

その上、中途半端に物を知っていると、より良い方法を教えても、

プライドが邪魔をして人の話を聞けず、我流で進めてしまいます。

 

結果として、何となくわかるけれども、初心者に毛の生えた程度から

前に進めなくなることが多いようです。

 

うちの母親は全く逆で、自分が何も知らないことをキチンと自覚した上で

話を聞きます。

わからない時には、はっきりと「わからない」と言います。

教える側としては、変にわかった振りをして、

結局何も分からない人に比べると100倍扱いやすいです。

 

*実際に教えてみると…

で、それぞれさっそく教えてみました。

 1)パソコンの電源の入れ方

  ボタンを押すだけなので楽々クリア

 

 2)ブラウザの起動方法

  ダブルクリックができるので、これも楽々クリア

  (ちなみに、個人的な趣味でEdgeではなくGoogleChrome

   操作してもらってます)

 

 3)URLが分かっている場合は、URLの入力方法

  世の中にはキーボード入力で挫折する人が多いようですが、

  当人がキーボード入力に慣れていないのを自覚した上で、

  時間がかかるものだと納得していたので、

  これはさほど障害ではありませんでした。

  今のところ、指一本でポチポチと入力しています。

 

  URLを「http://」から入力するのも、TVなどでおかげで

  そういう「お約束」だと理解していて助かりました。

 

 

 4)URLが分からない場合は、目的のHPの探し方(検索方法)

  検索そのものは概念を理解していたので、すぐにやり方を

  理解していましたが、日本語入力に戸惑っていました。

  しばし、日本語入力と漢字変換の仕方の講座になりましたが、

  こちらはどちらかいうと慣れの部分も大きいので、

  今後の練習に期待します。

 

 

 5)ブラウザの終了方法

  これは楽勝ですね。

 

 6)パソコンの電源の落とし方(あるいはスリープのさせ方)

  こちらは意外と手間がかかりました。

  メニューから分岐する機能を選んでいくという操作が

  慣れなかったようです。

 

というわけで、30分ほどの説明で、だいたいマスターできました。

 

*教えてみて感じたこと

自分の場合だと、いつも当たり前にやっている操作を、

改めて言葉で説明しようとすると、意外と詰まることがありました。

 

後は専門用語というか、

「電源を落とす」

とか

「ブラウザを立ち上げる」

という言葉が一瞬キョトンとされたのが印象的でした。

普通に使っている言葉でしたが、全然知らない人からすると

違和感があるんでしょうね。

こちらもいい勉強になりました。

 

ではでは。

齢70からのパソコン教室

*ネットを見てみたい

自分の母親から、そんなリクエストが来ました。

先月祖母が亡くなって、身の回りの世話をする必要がなくなり、

暇が出来たようです。

 

これまで気を張っていた状態だったのに

やることがなくなってしまうと、精神的にも良くないですから、

すぐに行動を開始しました。

 

*今までパソコンを使ったことはあるのか?

昔、妹が嫁に行く前に妹のパソコンを使っていたことがあるそうです。

ただし、ブラウザーから妹がブックマークしてくれた

お気に入りのHPを見に行くだけで、

基本はマウス操作しかわからず、Windowsの起動、終了方法も

わからないとのことでした。

 

*何をしたいのか?

特に難しいことはする気はなく、

母親が関連している団体さんのHPとか、

出掛ける時にマップを確認できる程度でいいとのこと。

SNSなんかには手を出す気はないそうです。

 

*まずはパソコンの入手

上の条件からすると、

 ・ブラウザーでネットが見られればいい

 ・マイクロソフトのOfficeを使う気はない

 ・パソコン用に改めてメールを使う気はない

  (docomoのキャリアメールだけで十分)

 ・性能は全然求めていない

 

ということなので、Celeronのノートパソコンで、

Wifi接続でネットにつなげることすることにしました。

家の近くのセカンドストリートを見に行ったら、

ちょうどこの条件に合う、LenovoのWindows10の

ノートパソコンがあったので、3万円で購入しました。

(ちなみに、メモリは4G)

 

さっそくノートパソコンを購入したところで、

次は、パソコンの使い方の説明となります。

 

ではでは。

 

日曜日に十分休めてない気がする、たった一つの理由

一日パソコンの前に座っているので、

体は休んでいるけれど、目が激烈に疲れているから。

1分で決める方法

*方針が決まらないとき

今、環境ISOの改訂作業をしているのですが、

ドキュメントを直すときに、どう直すのか悩むことが多いです。

特に、今回の改訂は10年ぶりの規定の大幅な変更の為、

内容を大きく見直さなくてはいけません。

 

このレベルでいいのか、それとももっと深掘りして書くべきなのか?

なかなかどう直せばいいのかが決まりません。

 

*0秒思考

そんな自分に良く効く処方箋がこれです。 

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

トレーニングとありますが、目の前の問題を解決しつつの

トレーニングですので、どちらかというとOJTになります。

 

*どうやって1分で決めるのか?

この本で取り上げている方法は、いたってシンプルです。

「タイトルを書いて、それについて

 6項目だけメモをまとめること」

それだけです。

「そんなんで本当に頭がよくなるの?」

と思われるかもしれません。

 

まだ、キチンを初めてまもないので頭がよくなるかどうかはわかりませんが、

目の前の問題の解決はできます。

最低でも、解決の糸口くらいは見つかります。

 

*書くだけでどうして解決できるのか?

悩んでいることが解決できないのは、

必ずしも悩んでいる問題が複雑だからではありません。

 

例えば

「お昼御飯をカレーにするか、ラーメンにするか?」

という悩みは、問題自体は非常にシンプルですが、

『最近食べたもの』『体調』『サイフの中身』『店が近くにあるか』etc

と、いろいろな要素が絡み合っていて、

明確な判断基準がありません。

 

 

0秒思考では、自分の頭の中にあるものをそのまま書き出すように

言っています。そうするとどうなるのか?

頭の中のものを書き出すと、だいたいは自分が気にしていることから

順番に書き出していきます。

これで、悩んでいる要素の一覧が出来ると同時に、

その優先度も見えます。

 

また紙に書き出すと、「問題の解決」ではなく、

一歩戻って「問題の整理」という観点で頭の中を

見直すことが出来ます。

悩みにとらわれていると、意外と一歩引くことが出来ません。

つまり、問題を整理すると同時に、一歩下がった視点で

問題を見直すことが出来ます。

 

*意外とつまらないことで悩んでいる

自分もやってみて気がついたのですが、解決できない悩みは

意外と小さな事につまづいているだけで、

一歩下がると簡単に答えが出ることが多いのです。

 

 

 

これは特に、判断の明確な基準がないときには効きます

悩んでいる要素を整理して、その優先度を極めるだけで

答が見える場合が多いからです。

*量が勝負

この本では、1日10ページメモを書くことを推奨しています。

1ヶ月頑張れば、300ページで、ちょっとした単行本くらいの量になります。

これだけ悩みをメモにすれば、大抵の悩みは書き尽くせます

そうなったときに、自分が悩みはどうなっているでしょうか?

これは試す価値ありと、自分は思います。

 

ではでは。

 

 

 

 

祖母の死から学んだ2つのこと

*祖母の死から学んだこと

前の記事で、祖母が亡くなったことを書きましたが、

そこから学んだことを書いてみます。

 

*自分には時間が残っていない

祖母が亡くなって親族が集まった時に、

昔自分が頼りにしていた伯父や伯母が

老人になっていることに改めて気が付きました。

 

もちろん、今までもたびたび会っていて

「年食ったなー」

と感じてましたし、祖母が亡くなった直後で

みんな気落ちしているのも影響していたと思います。

 

しかし、自分だって同じように年齢を重ねていて、

自分が年下の親族から同じ感想を持たれるまで

ほんの10年ほどしかありません。

 

そう考えると、自分に残された時間はほとんどないのです。

当たり前のことなのですが、その事実を

「知っている」のと「わかっている」のでは

大きな違いがありました。

 

*すぐにやらないと取り返しがつかない

祖母のお見舞いにこれまで全然行ってませんでした。

これは都合が合わなかったこと、

一人だとなかなか気恥ずかしくて行けなかったこと、

何よりも

「次の機会があるさ」

という後回しにする性格の為でした。

 

 

「次の機会」なんてありませんでした。

 

子供の頃と違って、「次の機会」は年々減っています。

今日の出会いが根性の別れになることも珍しくありません。

今をどれくらい一生懸命に生きなくてはいけないのか、

身にしみた気がします。

 

ではでは。