読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

GTDで頭をすっきりさせる快感

Evernote GTD 双極性障害

GTDって何?

f:id:denbedon:20170313221451j:plain

GTDとは、デビット・アレンが提唱する、作業の管理方法です。

Wikiの内容がよくまとまっていますが、

頭の中にうずまく

「やること」

「やらなきゃいけないこと」

「やりたいこと」

を一度頭の外に出して整理し

 

「今やること」

だけを抽出して作業に集中するというコンセプトの方法です。

 

*どんなことをやるの?

大ざっぱには、以下の作業ステップを行います。

  1. 収集:頭にある「やらなければならないこと」「気になっていること(問題)」を紙や電子データなどに書き出す。
  2. 処理:「収集」した内容を、分類してリストにする
  3. 整理:「処理」したリストの項目を、優先度などに従い締めきり日などを決めて、スケジュール帳やToDo管理のツールにタスクとして登録する。
  4. 見直し:整理したタスクを見直し、次にやるタスクを確認する
  5. 実行:タスクを順次実施していく。

 

*何がいいの?

色々なメリットがあるのですが、

様々な仕事を抱える人は、

常に複数のことが頭の中に渦巻いています。

 

人間、複数の事を一度の考えれらません。

できたとしても効率が悪いですし、

色々なことが常に頭の中をうずまくのは、精神的にきついです。

 

GTDの肝は、頭の中に渦巻いている「それ」を

一度頭の外に出し、それを分類し、

行動が必要な「それ」は、具体的に何を

いつまでに行うのか明確に整理することです。

 

*かなり楽になる

双極性障害のために、記憶力と集中力が落ちている自分にとっては、

GTDはかなり効きました。

 

頭のなかで 

 「あれはいつまでにやればいいんだろう?」

 「これをやらなくてはいけないんだが、面倒だな…」

と渦巻いていると、目の前の仕事をしていても

常に別のことが浮かんできて、なかなか集中出来ませんでした。

 

しかし、そういう頭のなかに浮かんできた事を

とりあえずEvernoteにメモります。

 

その後でGTDの作業ステップを踏んで

分類し、とるべき具体的な行動を整理し、

いつやるのかスケジュールアプリに登録するだけで、

頭の中がすっきりします。

 

f:id:denbedon:20170313221547j:plain

 

また、Evernoteにメモをとる時点で、後で作業ステップを

実施することがわかっていますから、

そのことをそれ以上考えなく済みます。

結果として、目の前の仕事に集中できるようになります。

 

*楽になるために必要な代償

その代わり、GTDは継続的に上に挙げた作業ステップを

回すことが要求されます。

例えば、収集だけ際限なく続けても、次の行動につながらなくては

収集した意味がありません。

かならず、収集した事柄を見返し、整理し、

スケジューリングすることがGTDで得られる安心の「担保」になります。

 

自分の場合は、毎日簡易に作業ステップの「収集」だけ実施し、

(緊急のものは全ステップ実施)

週一回、全ステップを徹底的に実施しますが、

30分~1時間くらいかかるため、結構面倒です。

 

*基本が大事

最近、簡易にしか実施していなかったので、

今日は久しぶりに徹底的に回しています。

 

ここ最近、精神的に不安定な状態が続いていたのですが、

久しぶりに頭の中がすっきりする感覚が甦りました。

やはり、基本通りにやらないと望んだ効果は得られませんね。

 

 ではでは。