読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフアップデート

双極性障害でIT企業をリタイアした中年が、製造業で再チャレンジします

あなたは前に進めるか?

GTDで陥りがちな罠

それは、

「『やること』に登録したことが終わらせられないこと」

です。

 

denbedon.hatenablog.com

 こちらの記事では、頭の中に渦巻くものを全て外に出すことに

ついて書きました。

 

GTDではその後に「頭の外へ出したもの」を分類し、

整理する作業を行って、最終的に「今やるべきこと」

リストアップしていきます。

 

そうやって厳選した「やること」なわけですから、

重要度や緊急度(あるいはその両方)が高いはずなのですが、

意外とこれが終わらせられないこと多いのです。

 

*終わらない理由は2つに分けられる

「やること」が終わらない理由は、

自分のモチベーションを観点にすると2つに分かれます。

 

*モチベーションがあるとき

1つめは「モチベーションがあるけれど終わらない場合」。

例えば、

「何かの手続きをしようとしたのだけれど、

 そのための用紙が手元に届くのが1週間待たなくてはいけなくて

 手続きができない」

という他責の場合です。

 

上の例の場合、自分は、こういう作業は一旦

Evernoteの「応答待ち」に移動させ、

リマインダーをセットして用紙が来る予定の日に

通知が出るようにしています。

 

*出来る内容に噛み砕く

他にも

 ・「やること」の内容が抽象的だったとき

  → もっと内容を具体的にして「やること」に再登録

 ・「やること」の作業内容が大きすぎた

  → 内容を細分化して、複数の「やること」に分割して登録

ということをしています。

 

例えば

「GWの旅行の準備をする」

という「やること」は、作業の内容が大きすぎて

何から手を付ければよいのか迷ってしまいます。

 

そこで、この内容を

 「計画を立てる」

  (例:予算、行き先、行くメンバー)

 「計画した内容に必要な物を揃える」

  (例:チケット、旅行バック)

と分割して、その上で具体的な行動(例:「ガイドブックを見る」)に

噛み砕いていきます。

 

大きな作業内容でも、このように具体化・細分化していけば

自分がとる行動が見えてきますので、実はそんなに困りません。

 

*モチベーションがないとき

困るのは、モチベーションがないときです。

誰にでもあると思いますが、やらなくてはいけないのに

やる気が起きないことがあります。

 

実は、先述した具体化・細分化を行うと、

大体の作業は「ちょっとした作業」にまで

落とし込むことが出来るので、

モチベーションがわかない作業にも有効なんです。

 

 

*ほんの一歩前に進むことができない

双極性障害のやっかいなところは、

鬱状態躁状態が交互にくることです。 

denbedon.hatenablog.com

 

躁状態で「やること」に登録したことが、

鬱状態に入ると中々出来なくなります。

まず『具体化・細分化』ができなくなるのです。

 

そうなると、作業に集中するために作った

「やること」のリストが、一転して「出来ない」リストに

変身して

「こんなことも出来ない自分はダメなやつだ…」

自責状態に陥ってしまいます。

 

*自責のループを断ち切る

何でも解決する魔法のソリューションは存在しません。

GTDで言うなら具体化・細分化』を愚直に行うしかないのです。

 

それこそ「顔を洗う」「服をたたむ」レベルにまで

作業を細分化して、それを1つ1つクリアし、

少しづつでも自分に自信を付けるしかありません。

 

*そもそもこの記事を書いた動機

長いことやろうとして出来なかった、

スマホ格安SIMに切り替える」

がやっと一歩(本当に小さな一歩ですが)踏み出せたので、

その記念に書いてみました。

その一歩は、

格安SIMの提供会社に問い合わせのメールを送る」

です。

 

バカバカしいと思われるかもしれませんが、

この一歩を踏み出すために、

3ヶ月間「やること」リストに載りっぱなしだった

スマホ格安SIMに切り替える」

に苦しめられてきたのです。

そういう意味では、この記事は自分に対する激励なのかもしれません。

 

ではでは。

 

鬱状態での追い打ち

*抵抗力が落ちている?

春先で気温の変化が大きいためか、

昨日は体調を崩して、会社を休んでしまいました。

 

とは言っても、

『誰が見ても絶対に会社に行けない、むしろ行っちゃダメ』

という状態までにはなっていないのが困ったとことです。

 

多分、普通の状態だったら会社に行っていたのですが、

ここ数日微妙に鬱状態に入っていて、

健康だったとしても、「仕事スイッチ」が入るかどうか、

微妙なところでした。

*弱った時の追い打ちは、つらい

誰でも、精神的に弱っているときは

安易な方向に流れたくなります。

精神的に充実しているときは、

多少の病気や怪我は気力でねじ伏せられるでしょうが、

心が弱っていると、それもなかなか難しい。

 

*慣れたけど、慣れない

これまでもたびたび同じようなことがありました。

いい加減慣れたと思っていましたが、

やはり、休んでいるときの罪悪感は消えません。

 

『仕方がなかった』

と思う自分がいながら、

『本当は会社に行けたんじゃないのか?』

と責める、もう一人の自分がいます。

 

他の双極性障害の人も同じような思いを

しているんでしょうか?

 

ではでは。

 

アクシデントを楽しめるか?

*どんなときにもアクシデントは起こる

仕事でも私生活でも、何事にもアクシデントは付き物です。

会社ではIT管理者をやっていますが、

思ってもみないタイミングでサーバーが停まった時は

悪夢を見ているような気持ちになります。

何せ、会社の業務の半分が停まるんで、影響が半端ないからです。

 

 

*アクシデントに発奮する人、委縮する人

困った時に人間性が現れるといいますが、

自分の経験では、アクシデントに直面すると

発奮する人委縮する人に分かれます。

 

発奮する人は、それこそお神輿を担ぐかのように

あちこちに声をかけて協力を依頼し、

起きた問題の解決策を喧々諤々と議論し、

それこそ、起きたアクシデントを踏みつぶすがごとき勢いで

解決を進めて行きます。

 

逆に委縮する人は、起きてしまったアクシデントの重大さに

自分を責め、自分の能力に対する自信を失くし、

ただひたすら今目の前の問題が早く立ち去らないか、

祈るような気持ちで対応していきます。

 

*自分はどちらかと言うと後者

実は、今日会社で色々とアクシデントが起きました。

一応大きな問題にはならずに解決出来たのですが、

そのときの胃に穴が空きそうな気分を思い出すと、

自分は委縮しちゃう方の人間なんだな、と思います。

 

*委縮するのは悪い事じゃない

では、委縮するが悪いことかと言えば、

そうとも限りません。

問題が起きるときの胃の痛さを知っていれば、

問題発生の防止に知恵を使うようになりますし、

起きたときへの備えも考えるようになります。

 

問題をうまく解決する能力も重要ですが、

損害の期待値を考えると

「問題を起こさないようにする」

「起きても被害を最小限に止める」

と先手を打つことが重要だと思います。

 

と、今日のアクシデントに対応した自分を慰めています。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトさきいかにはまる

*昔から好きでした。

酒のつまみでソフトさきいかを食べてます。

 

昔から好きでしたが、飲み会で出てきたものを

食べるくらいで、自分で買うことはありませんでした。

 

何故か最近改めてはまってしまって、

おつまみとして買うようになってしまいました。

 

*すぐ無くなっちゃう

普通のお店で売っているさきいかは、

ちょっと量が少なくて、ビールを飲んでいると

すぐに無くなってしまいます。

 

*業務用を買ってしまった

量の問題でちょっと悶々としていたのですが、

業務用スーパーでお徳用サイズで売っていたのを見て

大人買いしてしまいました。

 

今もさきいかをつまみながらこのブログを書いてます。

 

ではでは

 

 

 

人がショートカットを使わないわけ

*「ショートカットを使わずにどうやって仕事をするんだろう?」

そんなことを考えていた時期が、自分にもありました。

自分はガリガリにショートカットを使う人間で、

ショートカットを禁止されたら、きっと発狂してしまうでしょう。

(割りと真面目に)

 

ネットのコンピューター関係の仕事効率化の記事を見ても、

最初に出てくるのがショートカットを駆使することです。

 

しかし、自分の周りを見てみると、あまりショートカットを

使っている人がいません。

基本的なCtrl+cとかは使っているのですが、

それ以外はあんまり見かけませんでした。

 

何ででしょうか?

ちょっと考えてみました。

 

*覚えるのが面倒臭い(あるいは覚えられない)

よく聞いた意見がこれでした。

「もう年食っちゃったから、新しいことを覚えらんないのよ」

確かに、うちの会社の人は割と年齢の言っている人が多いので、

新しいことを覚えるのは億劫なのかもしれません。

 

でも、ほんの1秒もかからない操作なんですけどね。

 

*そもそも存在を知らない

これも結構多かったです。

自分がショートカットを使って見せたら

「今なにやったの!?」

と非常に驚かれました。

 

マウス以外でそんな操作ができるとは

夢にも思っていなかったようです。

ただ、その後に積極的にショートカットを使う人と、

そのまま何事もなかったかのように流してしまう人

(大抵は後者)

に分かれます。

 

*どういうときに使えばいいのかわからない

これは、基本的なショートカットは覚えている人にいました。

例えば、Alt+Tabという複数のウィンドウの表示を切り替える機能は、

機能自体を教えても、それをどういうときに使えばいいのかが

理解出来なかったようです。

 

複数のファイルを参照しながら、

一つのファイルにプレゼン資料をまとめるときなんかは便利ですし、

実際、そういう作業をやっていた人にやり方を教えたのですが、

後で見に行ったら、マウスでウィンドウを切り替えてました。

 

*とっさに出てこない

これは潜在的に多いのではないでしょうか?

ショートカットはじっくりと考えて使うものではなく、

その機能が必要な時にパッと使えないと効率がよくありません。

 

聞いてみると、作業が終わってから

『ああ、そういえば○○というショートカットの使い方があったっけ?』

と思いだすことが多いそうです。

これは、自分も経験があるので何となくわかります。

 

*マウスで十分

あんまり作業改善とか効率化を意識していない人は

こんな意見でした。

『ショートカットって何となく便利そうだけど、

マウスでできることをどうして別の方法でやるの?』

 

結局、いつもやっている慣れた方法に頼ってるんでしょうね。

 

*大して効率が上がらないと思っている

これはショートカットを教えた直後に言われました。
「マウスで操作してもそんなに時間変わらないよね?」
 
まー、一理あるかもしれません。
一操作で省略できるのはせいぜい1秒程度で、
1日1,000回ショートカットを使ったとしても
短縮できるのは せいぜい20分。
パソコン作業が1日2時間程度の人もいますから、
ショートカットで短縮できる時間は更に短いでしょう。
 
この意見はわからんでもないです。

 

*それでもショートカットを使う

ショートカットの利点の一つに、キーボードから手を離さずに
作業が出来る点があります。
 
キーボードから手を話すのは、元のホームポジションに指を
置き直すことを考えると、実はかなり大きな作業中断です。
一操作するたびにそんな中断が入るのは、
一回一回精神的なリセットが入るようなもので、
スムーズに作業を進めたい自分としては
かなりのストレスです。
 
メンタルヘルス持ちとしては、このストレスが減るだけでも
ショートカットを使う大きな理由になります。
 
かくいうこの記事も、Everenoteで下書きした文章を
Ctrl+Aで全文選択し、Ctrl+Cでコピーした後、
Atr+Tabでウィンドウをブラウザに切り替えて
Ctrl+Vで貼りつけるという、ショートカット操作の塊の結果です。
 
やっぱ り 、ショートカットなしじゃ仕事できませんわ。
 
ではでは。